MathJaxを使って数式を表示してみたのでメモ。

MathJaxはLaTeXで数式を表示するためのJavascriptライブラリです。Live Demoで動作を確認することができます。

インストール

Getting Startedに書いてあるとおり、CDNから読み込みます。

<script type="text/javascript" async src="https://cdn.mathjax.org/mathjax/latest/MathJax.js?config=TeX-MML-AM_CHTML"></script>

asyncを指定しているのでJavascriptの読み込みが非同期になります。MathJaxが読み込まれるのを待たずに画面が表示されますが、読み込みが完了するまで数式は表示されません。

数式

$$で囲めば数式として表示されます。Markdownの中で使っているせいか、式の中で改行する場合はエスケープが必要みたいです。

二次方程式の解の公式。懐かしい。

$$x = {-b \pm \sqrt{b^2-4ac} \over 2a}$$

$$x = {-b \pm \sqrt{b^2-4ac} \over 2a}$$

最急降下法。

$$
w := w - \eta \nabla Q(w) = w - \eta \sum_{i=1}^n \nabla Q_i(w)
$$

$$
w := w - \eta \nabla Q(w) = w - \eta \sum_{i=1}^n \nabla Q_i(w)
$$

$$
\begin{align}
\boldsymbol{x}^{(k+1)} &= \boldsymbol{x}^{(k)} - \alpha \operatorname{grad} f(\boldsymbol{x}^{(k)})\\\
&= \boldsymbol{x}^{(k)} - \alpha\begin{bmatrix}

\dfrac{\partial f(\boldsymbol{x}^{(k)})}{\partial x^{(k)}_1} \\\
\dfrac{\partial f(\boldsymbol{x}^{(k)})}{\partial x^{(k)}_2} \\\
\vdots \\\
\dfrac{\partial f(\boldsymbol{x}^{(k)})}{\partial x^{(k)}_n}

\end{bmatrix}
\end{align}
$$

$$
\begin{align}
\boldsymbol{x}^{(k+1)} &= \boldsymbol{x}^{(k)} - \alpha \operatorname{grad} f(\boldsymbol{x}^{(k)})\\
&= \boldsymbol{x}^{(k)} - \alpha\begin{bmatrix}
\dfrac{\partial f(\boldsymbol{x}^{(k)})}{\partial x^{(k)}_1} \\
\dfrac{\partial f(\boldsymbol{x}^{(k)})}{\partial x^{(k)}_2} \\
\vdots \\
\dfrac{\partial f(\boldsymbol{x}^{(k)})}{\partial x^{(k)}_n}
\end{bmatrix}
\end{align}
$$

いい感じですね。

おわり。

参考

  1. https://www.mathjax.org/